センター活動内容

電話相談・面接相談

専門的な研修を受けた犯罪被害相談員による電話・面接相談を行います。
面接相談を希望される方は、電話でご予約ください。
ご相談方法はこちら


直接的支援

自宅訪問や病院・警察・検察庁・裁判所への付添い等を必要に応じて行います。


犯罪被害者等給付金申請補助

故意の犯罪行為により、不慮の死を遂げた方の遺族や重症病又は障害という重大な被害を受けた方に対する給付金申請の補助を行います。

関係機関・団体等との連携による援助活動

警察をはじめとする関係機関・団体等と連携を図り、被害者等の立場に立った支援活動を行います。

支援員の養成及び研修

あらたな支援員を養成するための養成講座と、支援技術の向上を図るための継続研修を行っています。


被害者自助グループへの支援

交通死亡事故遺族の方々を対象にした自助グループ活動を行っています。
自助グループとは、同じような体験をした被害者同士の交流の場で、安心して繰り返し心のうちを語り合うことにより、「みんな同じ思いをしている」「そう思って当たり前」と気持ちを分かち合い、共感し、孤立感を解消し、自分なりの新しい生き方を見つけて、精神的に回復していくことを目的としています。月1回(13:30〜15:30)開催しています。


広報・啓発活動

被害者の置かれた現状と支援の必要性を社会に周知するための広報・啓発活動を行います。ホームページも開設しています。
広報啓発活動の案内ページはこちら